Z series USER'S GALLERY

都市夜景×Z 6|小林淳

小林淳

岐阜県各務原市在住。 建築士の傍ら、写真の世界に魅せられて、「家族のいる風景」をテーマに撮影をはじめる。 現在はスナップからランドスケープまで幅広く撮影をしている。写真を通じて、家族との時間を美しく記録することと、地元・岐阜の魅力を伝えていくのがライフワーク。2018年は岐阜市との共催で写真展「本気岐阜展~金華山山頂で岐阜の魅力を本気で伝える写真展~」や自身初となる個展「家族のいる風景」を開催し人気を博した。

家族×風景、ランドスケープ、夜景。さまざまな切り口で撮影を楽しむ小林淳さんは、都市であろうと自然であろうと、「絶景」というキーワードを大切にしているという。特に日常の中に潜む絶景である「都市夜景」は大きなテーマのひとつ。画質、高感度性能、AF性能などあらゆる面に優れたオールラウンドモデルである「Z 6」で、夜のランドスケープや工場夜景など撮影した感想を伺った。

都市夜景×Z 6|小林淳

わたしは家族の写真も撮りますが、笑顔のアップや集合写真などは撮らず、気に入った風景の中に家族がいるという、あくまで風景写真の延長のような撮り方をしています。そのくらい風景を撮っていたいという気持ちが強く、ある程度絞り込み、三脚を使い丁寧に撮ることが多いです。逆光、日の出・日の入り、夜景。さまざまな時間帯やシーンでの撮影になりますから、ハイライト部とシャドウ部の表現、つまりダイナミックレンジの広さはカメラ選びの最大のポイントにしています。カメラはニコン一筋。D850をメイン機にしており、その描写力に満足しきっていますが、お世辞ではなくZ 6も遜色ない描写だと感じました。高画素機のZ 7もありますが、夜景という点で考えれば、ハイライト部もシャドウ部も粘ってくれますし、解像感も高く、またノイズ処理もしやすく、Z 6で十分に満足のいく作品が撮れたと思っています。超高解像のD850とくまなく比較しても差は感じないでしょうね。

ミラーレスであることのメリットは、やはり軽くて小さいこと。そして、露出に応じて背面液晶モニターに表示されるライブビューの明るさも変わることです。当たり前のことですが僕にとってはとても新鮮で、露出設定を変えながらライブビューを見ていると、この設定で撮れば後からこういうレタッチをすればいい、というようなイメージが膨らんでくるんです。完成型まで想像しながら撮影できるのは楽でしたね。

都市夜景×Z 6|小林淳
Z 6 + NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
シャッタースピード 10秒 絞り値 f/10 焦点距離 35mm ISO 100

あべのハルカスから撮影した1枚です。ネイチャーフォトも好きですが、人の手によって作られた景色はある意味無機質で、パッと見では人も写っていませんが、そこには無数の光があり、何百もの物語がそこにはあるんだと想像すると、グッとくるんです。これは感度を下げて絞って撮るというオーソドックスな撮り方ですが、奥の方まで驚くほど解像しています。カリカリ。1km以上先の窓まで拡大すると見えるんですよね。このように「写っている」というのは、風景写真の一番ゾクゾクするところ。高画素機に引けをとらない解像感だと思います。JPEGではシャドウ部が潰れて見えましたが、RAWで持ち上げたところディテールが甦ってきて、ダイナミックレンジの広さを実感した1枚です。

都市夜景×Z 6|小林淳
Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
シャッタースピード 20秒 絞り値 f/9 焦点距離 24mm ISO 100

これは多目的施設で、窓の写り込みと奥行き感が近未来的な印象を与えます。窓だけでなく水面のリフレクションを一枚に収めているというところがポイントです。NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sの広角端を使用し、構図も意図した通りにできたのが良かったと思います。

都市夜景×Z 6|小林淳
Z 6 + NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
シャッタースピード 30秒 絞り値 f/8 焦点距離 35mm ISO 100

続いてはNIKKOR Z 35mm f/1.8 Sで撮影した1枚です。この光芒の美しさとシャープな描写は素晴らしいですね。カリッとしていて、夜景には最高のレンズだと思います。シャッタースピードは30秒、肉眼より明るく撮れています。ノイズ処理はしているものの、低感度で撮影しているため全く気にならないレベルでしたし、そもそもノイズを消しやすいカメラだと感じました。シャドウ部のディテール再現性の高さは抜群で、現在のカメラの中でトップクラスの描写力だといっても過言ではないと思いますね。

都市夜景×Z 6|小林淳
Z 6 + NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
シャッタースピード 20秒 絞り値 f/8 焦点距離 35mm ISO 100

画角的に最初はNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sを付けたのですが、この作品の主題は線路の向こうにある光芒かなと思ったんです。ですから、光芒の表現が抜群のNIKKOR Z 35mm f/1.8 Sに付け替えて撮影しました。構図にはこだわっていて、金網から最も大きな光芒が覗くようにしています。

都市夜景×Z 6|小林淳
Z 6 + NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
シャッタースピード 30秒 絞り値 f/9 焦点距離 35mm ISO 100

四日市港にできたばかりの臨港道路で、ジリジリと人気スポットになってきている場所です。海にS字に橋が伸びていて、あまり見たことのない構図になっていると思います。これもNIKKOR Z 35mm f/1.8 S。露出とコントラストのわずかな調整程度です。写真の真ん中に太陽のように煙突の炎が入るようにしています。明るい炎の光芒と水面の反射は白飛びせず、また橋脚のシャドウ部は潰れず残っており、Z 6のセンサーの力を実感した1枚です。

都市夜景×Z 6|小林淳
Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
シャッタースピード 8秒 絞り値 f/9 焦点距離 70mm ISO 100

工場の描写はもちろんですが、左奥の暗い海の水面の階調が残っているところに感動しました。煙突が密集しているところを拡大してもカリカリに解像していますし、描写力を伝えるという意味ではよく撮れた写真だと思います。コンビナートの曲面などメタリックな質感の描写と、煙が流れていく動きのある描写の対比もおもしろいですよね。

都市夜景×Z 6|小林淳
Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
シャッタースピード 15秒 絞り値 f/10 焦点距離 40mm ISO 100

名古屋にあるビルなんですが、いったい何部屋あるんだろう、という圧倒的な被写体を圧倒的な描写力で撮れました。まさに都会にある絶景だと僕は思っています。窓枠を緻密に写すことができて嬉しかったですね。夜景撮影においてホワイトバランスの設定は重要。現像時に変更すればよいものの、あまりにも撮影時に狂いを感じるとモチベーションが低下してしまうため、色温度で設定することもあるのですが、Z 6のオートホワイトバランスは優秀で、そのような違和感はありませんでした。場合によってはJPEG1本勝負もできるなと思います。

都市夜景×Z 6|小林淳
Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
シャッタースピード 15秒 絞り値 f/13 焦点距離 30mm ISO 100

こちらも名古屋で撮影をしています。僕は岐阜在住のため名古屋で撮ることも多いですね。ライフワークとして地元の魅力を写真で発信したいと思っており、基本的には地域密着を心掛けています。ヘッドライトとテールランプの軌跡は定番ですが、走る車全てに行き先があり、それぞれの生活があると考えると、軌跡もドラマチックに感じられますよね。今回は全て長秒撮影でしたが、長秒ノイズはもちろんのこと熱ノイズも気にならなかったことに満足しています。

都市夜景×Z 6|小林淳

今回は都市夜景がテーマでしたが、Z 6はAF速度や連写性能が高いということを聞いていたので、実は縦横無尽に動き回る子どもの撮影にも使ってみたんです。まさに期待通りで、一瞬を逃さない連写性能やAF性能を発揮してくれました。D850と比較すると驚くほど小さく軽いため、手持ちのスナップ用にはもちろん向きますし、夜景撮影ということを考えても、感度を下げて丁寧に撮ったときの描写力は素晴らしく、プリントサイズ的に高画素機が必要という場合を除き、メイン機に据えていいと感じました。どこまでも解像する描写力、そして広いダイナミックレンジによるレタッチ時の伸びしろが最大の魅力。JPEG撮って出しではわからない部分もあるので、ぜひ丁寧にRAWで撮り現像処理していただきたいです。

小林さんが使用したZシリーズ

Z 6
製品情報ページへ

有効画素数2450万画素・裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサー、最新の画像処理エンジンEXPEED 6を搭載したオールラウンドモデル。高い解像感と広いダイナミックレンジによりシャドウ部まで解像する緻密な都市夜景を美しく切り取る。また、効果的なノイズ抑制を併せ持ち、夜景撮影において大敵である長秒ノイズや熱ノイズの少ないシャープな描写を実現する。

Z 7

NIKKOR Zレンズの
真価を実感できる高画素モデル

製品情報ページへ
Z 6

高感度性能にも優れた
オールラウンドモデル

製品情報ページへ
ニッコールレンズユーザーズギャラリー|NIKKOR×東京カメラ部ニッコールレンズユーザーズギャラリー|NIKKOR×東京カメラ部 NIKKOR × 東京カメラ部 NIKKOR f/1.8 GALLERY 最高の表現を。最高のレンズで。東京カメラ部10選が撮る単焦点の世界NIKKOR × 東京カメラ部 NIKKOR f/1.8 GALLERY 最高の表現を。最高のレンズで。東京カメラ部10選が撮る単焦点の世界